商品検索
商品カテゴリ
技能検定・教育関連
工具(電気・電子系)
工具(切削・潤滑系)
品質保証・測定器具
制御機器・産業機器
航空機用ブッシュ
環境改善用品
ホーム >三菱電機(MITSUBISHI) > シーケンサ MELSEC-Q > Q02UCPU 三菱電機(MITSUBISHI) シーケンサ MELSEC-Q CPUユニット
Q02UCPU 三菱電機(MITSUBISHI) シーケンサ MELSEC-Q CPUユニット
製造元 三菱電機(MITSUBISHI)
価格 99,000 (税込)
オプション選択がある商品は
選択後に価格が変わります。
定価
数量

買い物かごに入れる
すぐに注文する

[標準納期]
平日13時までにご注文頂いた在庫商品は翌営業日出荷
※在庫切れの場合はメールにてご連絡いたします。
[送料]
商品金額2万円以上のお買い上げで送料無料(沖縄・離島・海外除く)

特長 性能仕様

 
概要 入出力点数:2048点 
入出力デバイス点数:8192点 
プログラム容量:20Kステップ 
基本命令処理速度(LD X0):40ns 
プログラムメモリ容量:80Kバイト 
周辺機器接続ポート:USB、RS232 
メモリカードI/F:あり
標準価格 90、000-
発売状況 発売中
適合規格 UL/cUL CE(EMC) KC LR NK GL DNV ABS RINA BV KR

特長

多点数の入出力が制御可能
CPUユニットは、ベースユニットに装着された入出力ユニットにアクセスできる実入出力点数として、
2048点(X/Y0〜7FF)をサポートしています。
なお、MELSECNET/HリモートI/Oネット、CC-LinkデータリンクなどのリモートI/O 局に使用できる入出力デバイス点数としては8192点(X/Y0〜1FFF)までをサポートしています。

高速処理を実現
演算の高速処理を実現しました。
LD命令処理速度:40ns
また、MELSEC-Qシリーズ用ベースユニットの高速システムバスにより、
インテリジェント機能ユニットに対するアクセスやネットワークユニットとのリンクリフレッシュの高速化を実現しました。

プログラミングツールとの高速通信によるデバッグの効率向上
RS-232による最大115.2kbpsの高速通信に対応し、プログラムの書込み/読出しやモニタなどの時間が短縮され、
デバッグ時の交信時間効率が向上しました。
さらに、USB対応により12Mbpsの高速通信を行えます。

小形化による省スペースサイズ
Qシリーズの取付け面積は、AnSシリーズと比較して約60%の小形化を実現しています。

メモリカードによるメモリの拡張が可能
メモリカード装着用コネクタを装備しており、
最大32Mバイトのメモリカードを装着できます。(32MバイトはATA カード使用時)
大容量のメモリカードを装着することで、大容量のファイル管理を行うことができ、
全データデバイスへのコメントの設定、および過去のプログラムを修正履歴として
そのままメモリ内に保持することを可能にします。
また、メモリカードを装着していない場合でも、CPUユニットに内蔵している標準ROMによりプログラムのROM化ができ、標準RAMによりファイルレジスタを取り扱えます。

外部入出力の強制ON/OFFが可能
CPUユニットがRUN状態でも、プログラムの実行状態に関係なく
プログラミングツールの操作により、外部入出力の強制ON/OFFができます。
また、CPUユニットをSTOP状態にすることなく、
出力の強制ON/OFFにより配線・動作テストを行うことができます。

標準ROMへの自動書込みが可能
メモリカードのパラメータ・プログラムを
プログラミングツールを使用しないでCPUユニットの標準ROMへ書き込むことが可能です。
標準ROMによるブート運転を行っている場合、CPUユニットにメモリカードを装着し、
メモリカードのパラメータ・プログラムを標準ROMに書込みができるため、
パラメータ・プログラムの書換えのために
プログラミングツール(パソコン)を持ち歩く必要がなくなります。

リモートパスワードの設定が可能
Ethernetユニット、シリアルコミュニケーションユニット、
モデムインタフェースユニットに外部からアクセスがあった場合、
リモートパスワードによりCPUユニットへのアクセスの可否の選択ができます。

MELSECNET/HのリモートI/Oネットが可能
MELSECNET/Hのリモートマスタ局を装着し、
MELSECNET/HのリモートI/Oシステムを構築することができます。

マルチCPUシステムに対応
CPUユニットは、マルチCPUシステムに対応しています。
CPUユニット、モーションCPU、パソコンCPUユニット、
C言語コントローラユニットと組み合わせてマルチCPUシステムの構築が可能です。

電源二重化システムに対応
CPUユニットは、二重化ベースユニット、二重化電源ユニットを使用することにより、
電源ユニットの二重化が可能です。一方の電源ユニットが故障した場合でも、
他方の電源ユニットから電源を供給することによって、継続運転できます。

性能仕様

性能仕様

制御方式 ストアードプログラム繰返し演算
入出力制御方式 リフレッシュ方式
(ダイレクトアクセス入出力(DX、DY)の
指定によりダイレクトアクセス入出力可)
プログラム言語 シーケンス制御言語 リレーシンボル語、 ロジックシンボリック語、 MELSAP3(SFC)、
MELSAP-L、 ファンクションブロック、 ストラクチャードテキスト(ST)
周辺機器接続ポート USB、 RS-232
メモリカードインタフェース あり(SRAM/Flash/ATAカード)
処理速度 シーケンス
命令
LD X0 40ns
MOV D0 D1 80ns
コンスタントスキャン 0.5〜2000ms(0.5ms単位で設定可)
プログラム容量 20Kステップ(80Kバイト)
メモリ容量 プログラムメモリ
(ドライブ0)
80Kバイト
メモリカード(RAM)
(ドライブ1)
装着メモリカード容量分(最大8Mバイト)
メモリカード(ROM)
(ドライブ2)
装着メモリカード容量分
(Flashカード:最大4Mバイト、ATAカード:最大32Mバイト)
標準RAM(ドライブ3) 128Kバイト
標準ROM(ドライブ4) 512Kバイト
CPU
共有メモリ
QCPU
標準エリア
8Kバイト
最大格納
ファイル本数
プログラムメモリ 64本
メモリカード(RAM) 319本(Q3MEM-8MBS使用時)
メモリカード
(ROM)
Flashカード 288本
ATAカード 511本
標準RAM 4本
標準ROM 128本
インテリジェント機能
ユニットパラメータ
最大設定個数
初期設定 2048個
リフレッシュ 1024個
プログラムメモリの
書込み回数
最大10万回
標準ROMの書込み回数 最大10万回
入出力デバイス点数 8192点(X/Y0〜1FFF)
入出力点数 2048点(X/Y0〜7FF)
デバイス点数 内部リレー [M] デフォルト8192点(M0〜8191)(変更可)
ラッチリレー [L] デフォルト8192点(L0〜8191)(変更可)
リンクリレー [B] デフォルト8192点(B0〜1FFF)(変更可)
タイマ [T] デフォルト2048点(T0〜2047)
(低速タイマ/高速タイマの共用)(変更可)
低速タイマ/高速タイマは命令で指定
低速タイマ/高速タイマの計測単位はパラメータで設定
(低速タイマ:1〜1000ms、1ms単位、デフォルト100ms)
(高速タイマ:0.1〜100.0ms、0.1ms単位、デフォルト10.0ms)
積算タイマ [ST] デフォルト0点
(低速積算タイマ/高速積算タイマの共用)(変更可)
低速積算タイマ/高速積算タイマは命令で指定
低速積算タイマ/高速積算タイマの計測単位はパラメータで設定
(低速積算タイマ:1〜1000ms、1ms単位、デフォルト100ms)
(高速積算タイマ:0.1〜100.0ms、0.1ms単位、デフォルト10.0ms)
カウンタ [C] 通常カウンタ:デフォルト1024点(C0〜1023)(変更可)
データレジスタ [D] デフォルト12288点(D0〜12287)(変更可)
拡張データレジスタ [D] デフォルト0点(変更可)
リンクレジスタ [W] デフォルト8192点(W0〜1FFF)(変更可)
拡張リンクレジスタ [W] デフォルト0点(変更可)
アナンシェータ [F] デフォルト2048点(F0〜2047)(変更可)
エッジリレー [V] デフォルト2048点(V0〜2047)(変更可)
ファイル
レジスタ
[R]
標準RAM 32768点(R0〜32767)
ブロック切換えにより、最大65536点まで使用可
SRAMカード
(1Mバイト)
32768点(R0〜32767)
ブロック切換えにより、最大517120点まで使用可
SRAMカード
(2Mバイト)
32768点(R0〜32767)
ブロック切換えにより、最大1041408点まで使用可
SRAMカード
(4Mバイト)
32768点(R0〜32767)
ブロック切換えにより、最大2087936点まで使用可
SRAMカード
(8Mバイト)
32768点(R0〜32767)
ブロック切換えにより、最大4184064点まで使用可
Flashカード
(2Mバイト)
32768点(R0〜32767)
ブロック切換えにより、最大1041408点まで使用可
Flashカード
(4Mバイト)
32768点(R0〜32767)
ブロック切換えにより、最大2087936点まで使用可
ファイル
レジスタ
[ZR]
標準RAM 65536点(ZR0〜65535)
ブロック切換え不要
SRAMカード
(1Mバイト)
517120点(ZR0〜517119)
ブロック切換え不要
SRAMカード
(2Mバイト)
1041408点(ZR0〜1041407)
ブロック切換え不要
SRAMカード
(4Mバイト)
2087936点(ZR0〜2087935)
ブロック切換え不要
SRAMカード
(8Mバイト)
4184064点(ZR0〜4184063)
ブロック切換え不要
Flashカード
(2Mバイト)
1041408点(ZR0〜1041407)
ブロック切換え不要
Flashカード
(4Mバイト)
2087936点(ZR0〜2087935)
ブロック切換え不要
リンク特殊リレー [SB] デフォルト2048点(SB0〜7FF)(変更可)
リンク特殊レジスタ [SW] デフォルト2048点(SW0〜7FF)(変更可)
ステップリレー [S] デフォルト8192点(S0〜8191)(変更可)
インデックスレジスタ/
汎用演算レジスタ [Z]
最大20点(Z0〜19)
インデックスレジスタ [Z]
(ZRデバイスの
32ビット修飾指定時)
最大10点(Z0〜18)
(インデックスレジスタ [Z] をダブルワードで使用)
ポインタ [P] 4096点(P0〜4095)(デバイス点数は固定)
パラメータによりローカルポインタ/
共通ポインタの使用範囲を設定可
割込みポインタ [I] 256点(I0〜255)(デバイス点数は固定)
パラメータによりシステム割込みポインタ
I28〜31の定周期間隔を設定可
(0.5〜1000.0ms、0.5ms単位)
デフォルトI28:100ms、I29:40ms、I30:20ms、I31:10ms
特殊リレー [SM] 2048点(SM0〜2047)(デバイス点数は固定)
特殊レジスタ [SD] 2048点(SD0〜2047)(デバイス点数は固定)
ファンクション入力 [FX] 16点(FX0〜F)(デバイス点数は固定)
ファンクション出力 [FY] 16点(FY0〜F)(デバイス点数は固定)
ファンクションレジスタ [FD] 5点(FD0〜4)(デバイス点数は固定)
リンクダイレクトデバイス リンクデバイスを直接アクセスするデバイス
CC-Link IE、MELSECNET/H 専用
指定形式:J□□\X□□、 J□□\Y□□、 J□□\W□□、
J□□\B□□、 J□□\SW□□、 J□□\SB□□
インテリジェント機能
ユニットデバイス
インテリジェント機能ユニットの
バッファメモリを直接アクセスするデバイス
指定形式:U□□\G□□
ラッチ(停電保持)範囲 L0〜8191(デフォルト8192点)
[B、 F、 V、 T、 ST、 C、 D、 Wについてラッチ範囲設定可能]
RUN/PAUSE接点 X0〜1FFFよりRUN/PAUSE接点各1点設定可
時計機能 年、月、日、時、分、秒、曜日(うるう年自動判別)
精度:-2.96〜+3.74s(TYP. +1.42s)/d at 0℃
精度:-3.18〜+3.74s(TYP. +1.50s)/d at 25℃
精度:-13.20〜+2.12s(TYP. -3.54s)/d at 55℃
許容瞬停時間 電源ユニットによる
DC5V内部消費電流 0.23A
外形寸法 H 98mm
W 27.4mm
D 89.3mm
質量 0.20kg

一般仕様

使用周囲温度 0〜55℃
保存周囲温度 -25〜75℃
(システムにAnS/Aシリーズユニットが含まれる場合、'-20〜75℃)
使用周囲湿度 5〜95%RH、結露なきこと
(システムにAnS/Aシリーズユニットが含まれる場合、10〜90%RH)
保存周囲湿度 5〜95%RH、結露なきこと
(システムにAnS/Aシリーズユニットが含まれる場合、10〜90%RH)
耐振動 JIS B 3502、
IEC 61131-2
に適合
断続的な
振動が
ある場合
周波数:5〜8.4Hz、片振幅:3.5mm
周波数:8.4〜150Hz、定加速度:9.8m/s2
掃引回数:X、Y、Z各方向10回
連続的な
振動が
ある場合
周波数:5〜8.4Hz、片振幅:1.75mm
周波数:8.4〜150Hz、定加速度:4.9m/s2
耐衝撃 JIS B 3502、 IEC 61131-2 に適合
(147m/s2、XYZ3方向各3回)
使用雰囲気 腐食性ガスのないこと
使用標高 0〜2000m
設置場所 制御盤内
オーバボルテージカテゴリ 彊焚
汚染度 2以下
装置クラス Class 1

[メーカーHP]
その他商品の詳細は下記リンクからメーカーホームページでご確認ください。
リンク:三菱電機 ホームページはこちら ※別ウィンドウで開きます。

[この商品ページには以下の商品が掲載されています]

Q02UCPU


前の商品 前の画面に戻る 次の商品
関連商品